墓地の情報を集める

お墓に埋葬や納骨をすることについては、「墓埋法」という法律に基づいたさまざまな決まりがあります。まず「お墓の種類」を参考に、宗旨や宗派、立地条件、自宅からの所要時間、お墓のデザインの自由度、価格など、どのような条件を優先したいのかを考えながら、ハカダスやハカダスに掲載されている石材店ホームページなどで寺院や霊園など墓地の情報を集めましょう。

予算や場所を絞り込む

情報を集めるうちに、だいたいの「相場感」がつかめ、購入したいお墓へのイメージも固まってきます。この段階で「お墓の費用」を参考に、予算と場所を絞り込み、その条件に合う霊園を選びます。

問合せ・資料請求をする

さらに詳しい情報や資料が必要な場合は、ハカダスの問い合わせフォームやハカダスに掲載されている石材店に直接問い合わせてみましょう。情報は多いに越したことはありません。

候補の霊園を見学する

ある程度希望に合う霊園を選抜したら、次は石材店などに現地見学の相談をしてみます。

お墓は、一度購入したらそうそう買い替えるものではありません。ホームページやパンフレット等の情報だけで購入を決めるのではなく、必ず現地に足を運び、周囲の環境や所要時間を確認しましょう。お墓が見つけやすいよう工夫されているかどうかや、管理の状態や付属の設備などもチェックします。また、周囲の環境などは開発等によって変わることがあります。現地で担当者から最新の情報を入手して検討することが大切です。

希望にかなった墓地が見つかったら、その霊園や寺院に購入の申し込みをします。

お墓の設計書と見積書をもらい検討する

墓地が決まったら、いよいよお墓です。建てたいお墓のデザインや石材などを担当者に伝えて、設計書と見積書を出してもらいます。お墓は高額の買い物となりますから、見積書を提出したがらない業者は避けたほうがよいでしょう。また見積書の内容に疑問があれば回答してもらいます。

お墓も将来的には、修理やリフォームが必要になることもあります。この段階で誠実に対応してくれる信頼の置ける業者を選びたいものです。

納得後、必要書類、契約書を取り交わす

設計内容や見積に納得できたら、必要書類および契約書を取り交わします。後々のトラブルを避けるため、契約書は必ず取り交わしてください。

墓石工事の打ち合わせ

契約書が取り交わされると、いよいよ墓石への文字等の彫刻、納骨室や外柵などの基礎部分の工事、墓石や花立て、水鉢、香炉などの据え付け工事が行われます。工事のスケジュールについても確認しておきましょう。

完成、引き渡し時に確認する

引き渡しのときに、あらかじめ取り交わされた設計通りに工事が行われているか、最終チェックをします。

埋葬や法事などについて話し合う

引き渡し後の、埋葬や開眼法要、その後の法事などについて、よく話し合って決めます。