お墓をつくってもよい場所は、法律(「墓埋法」)で「墓地として都道府県知事の許可を得た区域」に限定されています。たとえ自分の所有する土地であっても、勝手にお墓をつくることはできないのです。そのため、お墓は「お寺の墓地」「霊園」「公営や民営の共同墓地」のいずれかに置かれることになります。

お寺、公営墓地(霊園)、民間墓地(霊園)には、それぞれ特色があります。

1) お寺の墓地(寺院墓地)

基本的に、お寺の檀家となることが義務づけられています。檀家はお寺を支えるための寄付やお布施をしなければなりませんし、お寺の行事への参加が求められることもあります。新しく檀家になるには、住職の面接を受け、承認を得る必要があります

そのかわり、すべての法要をお寺で行えるため、法要のあとすぐお墓参りができて便利です。また日常的に僧侶の回向を受けられますし、お墓の管理も行き届いています。

ただし土地が限られていますから、空きが少なく、墓石の形状にも一定の制限があるのが普通です。

2) 公営墓地・霊園

都道府県や市町村が管理しているため、お墓としての永続生が保証されています。宗旨や宗派による制限がありません。

ただ、公募・抽選による当選で取得が決まるため競争率が非常に高く、募集期間も限られているばかりか、申し込み時点で遺骨がある世帯に限られるなどの条件が設定されており、取得が非常に難しくなっています。墓石の大きさにも制限があり、好きなようにお墓が建てられるわけではありません。

また、実際にお墓にお参りする際、霊園内が広すぎて自分のお墓が見つけにくいということもあるようです。

3) 民間墓地・霊園

公益法人や宗教法人などが管理・運営しています。宗旨・宗派の制限はありません。

駐車場、休憩所、遊歩道などの関連設備が整っており、申し込み時点で遺骨がある世帯に限られるなどの申し込み条件も設定されていない上、常時募集をしているため取得が簡単です。さまざまな区画が用意されており、予算や建てたいお墓の形状に合わせて選ぶことができます。